車を高く売るのにおススメサービスランキング

1STgoo買取(グー買取)

goo買取(グー買取)

利用者数300万人超を誇る「グー買取」。大きな特徴は、実査定依頼の入力欄に電話番号欄が無い事。つまり、査定依頼した後に、とかく煩わしい電話での営業がきません。なにがなくともまずは、「グー買取」に一括査定を出しておくことが定石となっています。

サービスのポイント わずらわしい電話がかかって来なくて相場が分かる
評価
提携先数 掲載店舗366店

goo買取(グー買取)の総評

まずはココに出しておくのが鉄板!

2NDかんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

東証一部上場の株式会社エイチームのグループ会社運営で、信頼性の高く安心感が最大の魅力でしょう。査定申込ページには、そもそも入力する項目が少なく、本当に45秒で一括査定が申し込めるようになっています。

サービスのポイント 一部上場企業の安心感
評価
提携先数 JADRI会員の約50社

かんたん車査定ガイドの総評

しつこい電話営業も無いので安心!

3RDズバット車買取比較

ズバット車買取比較

提携先200社のうち、最大10社まで査定会社を選んで一括査定を依頼できます。買取査定額の概算がすぐに表示されるのが評価されています。「スバット」という特徴のあるサービス名で抜群の知名度を誇ります。

サービスのポイント 最大10社まで選んで、概算をスグ表示
評価
提携先数 提携206社

ズバット車買取比較の総評

最大10社まで選んで「ズバット」比較できるのが人気!

廃車でもクルマ買取りでお金がもらえる方法とは

もうこれは廃車にしなければならないという自動車が愛車の場合には、廃車にするためにコストがかかると考えてしまいがちです。新品の車を買おうとしてディーラーに下取りをお願いしても費用がかかってしまいますが、車査定を依頼するとお金がもらえることがあります。廃車になる車であっても、有効活用してお金にできるように努力をしている買取業者もあるからです。廃車手続きを始めてしまう前に、買取業者に依頼して楽に愛車を手放せるようにしましょう。



廃車にかかる費用とは

廃車にしなければならなくなったくるまを処分するためには、必ず費用がかかります。自動車は購入したときに、陸運局または軽自動車検査協会に登録をしてマネジメントされているため、登録抹消をするための廃車手続きを行わなければなりません。廃車申請を行うための書類も準備しなければならず、それを専門家にお願いすると数千円はかかるのが通常です。これに加えて、業者が引き取り分解してもらうための分解コストがかかり、法律で決められている再利用料を支払っていない場合には、その支払いも必要になります。合わせると一万円から三万円ぐらいはコストがかかるのが廃車手続きです。



廃車は面倒もかかる

廃車をするためには申請を行うために手間もかかります。陸運局に赴いて手続きを行うか、行政書士などのプロにお願いすることが必須になるからです。そして、車を引き取ってもらうためにディーラーや自動車工場などに連絡をしてクルマを持ち込むか、引き取りに来てもらわなければなりません。既に車道を走れない状況になっている自動車の場合には、レッカー移動をしてもらわなければならない場合もあり、多大な労力が必要になります。



なぜ廃車を引き取ってくれるのか

廃車になるぐらいの車をくるま買取業者がお金を出して買い取ってくれるのは、ただ慈善事業として行っているからではありません。業者側の工夫によって、廃車になるクルマであっても利益を生み出せるようにしているからこそお金を払って買い取っています。国内市場では値打ちのない車であったとしても、外国では求められている場合もあり、世界市場に中古車として販売する販売経路を持っているのが一例です。また、くるまは無数のパーツから構成されているため、ほぼ全てパーツが使用不能な状態になってしまったとしても、使用可能な部品を取れば中古部品として使用できる場合もあります。たとえそれが無理だったとしても、自動車を構成している金属である鉄やアルミニウムなどはマテリアルとして大事なものです。分解して材料を再利用することによりお金に変える手段を探し出し、廃車も下取りするようになっているのです。



廃車下取りで手間も無くなる!?

廃車申請の面倒を、車買取を申請して無くすことができます。基本的には、普通の車買取の依頼と同じ流れで始めることができ、その中に陸運局への書類の提出などはありません。廃車手続きをする必要があるケースでも買取業者が代行してくれる仕組みになっていて、その手数料も含めて買取額が決定されています。陸運局への提出書類の用意についても行政書士にお願いする必要はなく、業者側で代行してもらえるのがベーシックです。このため、特に廃車に関する余分な手間をかける必要なく愛車を売却することができます。必要書類になる印鑑証明書や免許証のコピー、車検証や自賠責保険の原本、そしてリサイクル券を準備するだけで申請を完了できるのです。



廃車とはどんな愛車があるのか

そもそも廃車は、くるまを今後はもう利用しないものとして陸運局に申請であり、乗れる車である限りは廃車にする必要はありません。しかし、もう愛車には乗らない人の場合には所持しているだけでも自動車税などの税金の負荷が発生することになります。買い替えのときにも同様であり、古くなって乗車しないクルマは所持していてもあまり利益がありません。そのため、買取や下取りを依頼することで手放すのが普通ですが、そのときに価格がつかないかむしろ下取りに費用がかかる場合があります。これが廃車と呼ばれるときの状況であり、走行距離の長さや年式の古さから市場価値がなかったり、事故車や水没車などの訳ありのクルマであったりすると廃車とみなされるのです。走行距離としては10万km以上となると廃車として扱われるのが一般的ですが、古さについては車両の人気にも左右されるので一概に言うことはできません。また、新しい車でアクシデントを起こしていなかったとしても、外見で既にボロボロになっている場合には廃車として金額がつかなくなります。



廃車になってもまずは買取業者に依頼しよう

廃車になってしまった、という場合に自分から陸運局で手続きをしようと思うよりも、まずは買取業者に依頼するのが得策です。業者によって自動車の買取には得手不得手がありますが、廃車の下取りを得意とする業者に依頼すれば少しの値段であっても出してもらうことができます。無料査定を受けて少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけるという努力をすることも可能です。廃車を求めている業者は多いので、最初から廃車のためにお金を出そうと思わずに、まずは申請から進めてみるのが賢明と言えます。