車を高く売るのにおススメサービスランキング

1STgoo買取(グー買取)

goo買取(グー買取)

利用者数300万人超を誇る「グー買取」。大きな特徴は、実査定依頼の入力欄に電話番号欄が無い事。つまり、査定依頼した後に、とかく煩わしい電話での営業がきません。なにがなくともまずは、「グー買取」に一括査定を出しておくことが定石となっています。

サービスのポイント わずらわしい電話がかかって来なくて相場が分かる
評価
提携先数 掲載店舗366店

goo買取(グー買取)の総評

まずはココに出しておくのが鉄板!

2NDかんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイド

東証一部上場の株式会社エイチームのグループ会社運営で、信頼性の高く安心感が最大の魅力でしょう。査定申込ページには、そもそも入力する項目が少なく、本当に45秒で一括査定が申し込めるようになっています。

サービスのポイント 一部上場企業の安心感
評価
提携先数 JADRI会員の約50社

かんたん車査定ガイドの総評

しつこい電話営業も無いので安心!

3RDズバット車買取比較

ズバット車買取比較

提携先200社のうち、最大10社まで査定会社を選んで一括査定を依頼できます。買取査定額の概算がすぐに表示されるのが評価されています。「スバット」という特徴のあるサービス名で抜群の知名度を誇ります。

サービスのポイント 最大10社まで選んで、概算をスグ表示
評価
提携先数 提携206社

ズバット車買取比較の総評

最大10社まで選んで「ズバット」比較できるのが人気!

自動車の買い替え年数を考慮する!くるま査定に出す最適なタイミングとは

愛車の買い替え年数を考える!クルマ査定に出す妥当な時期とは
クルマの買い替えをするタイミングをいつにするかは、費用対効果の高さを考慮する必要があります。基本的に、古くなるほど査定価格は低くなってしまうことになるため、早い段階で売るに越したことはありません。しかし、買い替えのときには費用もかかることから、ケースによって適切なタイミングが異なります。メリットとデメリットを比較して自分にとって適切なタイミングを見つけ出し、車査定に出して次の車の購入を検討するのがベストな方法です。



くるまが古いと車査定の価格が下がる?

クルマは年数が経つほど車査定を受けたときの価格が下がります。中古車販売業者は、クルマを買い取った後で適切なメンテナンスを行い、中古車として販売することで利益を得るのが一般です。高く早く売れる車ほど高額で買取りをしますが、売れる可能性が低かったり、低価格で売らなければならないクルマだったりするほど、査定価格を安くせざるを得ません。また、クルマのメンテナンスをする必要性が高いほど、部品を調達したり整備の人件費がかかったりすることから、売却までに費用がかかるので査定価格は低くなります。特別に人気のある車種の場合には、古くても高額で査定されることもありますが、基本的には業者が差益を得られるように査定を行うため、クルマが古いほどくるま査定の価格は下がるのです。



自動車の買い替え年数とは

何年が適切かはケースバイケースですが、車検がくるまの買い替えを考えるタイミングとしてよく選ばれます。新しい車を購入して三年目に最初の車検を受けることになりますが、この時点では車査定の価格が高いので思い切って買い替えをするのに適しているタイミングです。まだ新しくてもったいないというのももっともであり、車検を通して五年目の車検で再び検討することもよくあります。この時点では一般保証が切れるため、故障したときの修理コストが高くなりがちであり、買い替えのタイミングとしては適しているのです。それでも延長保証を利用したり、定期的に整備を行ったりしていれば、問題なく乗り続けることができます。この次の車検の七年目になると部品交換をしなければならないケースが多く、大掛かりな整備が必要になるのが一般的です。この時点でも、まだ乗り続けることはできますが、車検の度にメンテナンスコストが高くなる傾向があるため、この辺りで通常は買い替えをすることになります。また、十三年目になると自動車税が割増になる税制になっているので、この時点までに買い替えを考えるのが賢明でしょう。



愛車を買い替えるメリット

クルマを買い換えるメリットは、自動車が新しくなって快適に運転できるようになることです。家族構成に合わせた車に買い替えれば、生活のスタイルに合わせて利用しやすくなります。一般的には、燃費も良くなっているので燃料費も削減できるようになり、メンテナンスにかかる費用も当分はほとんどかからないので、ランニングコストが減るのも良い点です。新車になって気分も一新されるため、クルマを積極的に活用する充実した私生活を過ごしやすくなります。



クルマを買い替えるデメリット

クルマを買い換えるデメリットとして代表的なものが三つあります。買い替えには多額の費用がかかるのが最たるものです。十分に時間をかけて予算を準備しておかなければなりません。また、新しい車に買い替えると、そのくるまの仕様に慣れなければならない煩わしさが生じることもあります。一方、買い替えのために車査定を受けて買取り業者の比較を行ったり、購入する店を回って購入するのに適した車を探さなければならない労力もかかるのがマイナス点です。



クルマを買い替えるのに必要な費用とは

クルマを買い換えようと決めたらお金の準備をしなければなりません。クルマの本体価格に消費税を加えた金額が必要になるのは当然ですが、それ以外にも税金を中心とした諸費用がかかります。自動車税、自動車取得税、自動車重量税といった税金を納めなければなりません。また、自賠責保険に入ることが義務付けられているため、自賠責保険料を支払う必要があります。購入の際に、販売店に代行を依頼した場合には車庫証明費用、納車費用がプラスされるのが一般的です。検査、登録、届出についても代行費用がかかりますが、これらの代行コストについては自分で行えばコストはかかりません。しかし、買い替えの際には廃車も行わなければならないことから、リサイクル法に関わる費用がかかることになります。しかし、車査定を受けて買い取りを依頼した場合には、その買取り価格分だけ収入を得ることができます。この兼ね合いを見て買い替えに必要な予算を準備する必要があります。



あなたに合ったくるまの買い替えを行おう

買い替え年数はどの程度が適切かはケースバイケースであり、適したタイミングを見極めることが肝心です。査定価格が割りと高いうちに買取を依頼して、新しい車を購入した方が快適になるのは間違いないですが、その際に費用も手間もかかることは避けられません。車検を通して適切な整備を行い、できるだけ長く乗っていけるようにするのも手間はかかります。買い替えの検討をするタイミングとして車検の時期を選び、車検費用と買い替え費用とのバランスを考えて適切なタイミングを見定めるのが賢明です。